タカハシ珈業所という名前の由来

珈業所と書いて「こうぎょうしょ」と読みます。

 

2014年から天狗で有名な東京都八王子市・高尾山の自宅にて、ネット通販のみの小さなコーヒー焙煎所として始まりました。

屋号の「タカハシ珈業所」はかつての家業であった竹藤加工材機製作所の「高橋工業所」からいただきました。

 

社名はタカハシ珈業所ですが、焙煎所の屋号やインスタグラムなどのウェブ媒体では“tengucoffee”のブランドタグとなっております。

 

インスタグラム→tengucoffee_takaosan

Twitter→@TenguCoffe

 

是非フォローお願いいたします。

お求めはネットショップまたは土曜日の店頭販売にて。

今まで高尾から静岡県浜松市、愛知県名古屋市と移転が続きました。場所が変わってもインターネットでお買い物をしていただくページですので、初めてのお客様はもちろん、ネットショッピングに慣れているお客様もどうぞお気軽にご注文くださいませ。

また、2018年冬より、高尾に戻り、新しく焙煎所を構えました。

普段は作業所としておりますが、土曜日のみ店頭販売を実施中です。毎週土曜日10時より、ぜひゆるりとお越しください。

 

その他コーヒーに関しまして、何かご不明な点がございましたらお問合せ欄にてメールで御連絡くださいませ。

 

 

 

いままでと、そしてこれからと。

「あなたにとって珈琲とは?」

私の珈琲との出逢いは、とあるきっかけで行くことになったアメリカ西海岸シアトル・ポートランドへの焙煎所ツアーに始まります。

 

サードウェーブコーヒーの発信地で小さな焙煎所を十数軒回るうちに、豆の種類だけでなく、焼き手や挽き方・淹れ方を通じて、どれ一つとして同じものがないことに新鮮な驚きと興味を抱き、帰国後まずは自宅に焙煎機を置き、独学で焙煎をスタート。

 

2013年、当時住んでいた天狗で有名な高尾山にちなんで、"tengucoffee"のブランド名でイベント出店や情報発信をはじめました。

その後、転居先の浜松市にてオーストラリア人オーナーの自家焙煎豆販売店の立ち上げに加わり、並行して「その人のためだけに焙煎した珈琲」の通販を開始。

選び方、淹れ方、いつも飲むタイミングなどを考慮した≪ひとりひとりのライフスタイル寄り添った珈琲のご提案≫を続け、毎朝の一杯、仕事の合間の休息、さらにはブライダル向けの商品や常飲するためのその人オリジナルなブレンドなどを作ってまいりました。

 

お客様はほぼすべて面識のある方のリピートか、その方からのご紹介が多く、プリペイドの定期便を中心とした「あなたのための焙煎所」として、web通販とイベント出店を軸に活動の場を広げています。

 

2018年冬、八王子市の高尾に戻り、焙煎所”TenguCoffee”をオープンしました。

小さな店での作業の為、主に通販をメインとし、店頭販売は土曜日のみですが、

地域の皆様とつながりを感じつつ、今後も美味しいコーヒーをお届けして参ります。

 

皆様とお会いできる日を楽しみにしています。